シミ取り2大成分<トレチノイン>

シミ取りクリーム

できてしまったシミを取り除く成分として有名なのはハイドロキノンですが、次いで話題になっているのが「トレチノイン」という成分です。

 

トレチノインクリームも医療現場で使われていて、美容皮膚科で処方されています。

 

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、ビタミンAより50〜100倍もの美白効果があります。効果が高い分、副作用の問題点があることから病院での処方箋が必要にあっています。

 

ハイドロキノンとは異なるアプローチでトレチノインはシミを解消していきます。
トレチノインの場合、古い角質ごとメラニンを取り除く作用があるのが特徴です。いわゆるピーリングと同様の働きによって、シミを取り除いていきます。
表皮の生まれ変わりに関わっていて、さらに細胞作りが素早くなるため、スピーディーにキレイな肌作りになります。

 

また、コラーゲンを作っている繊維芽細胞にも働きかける作用があるため、コラーゲンを引き出して弾力をサポートしたり、ヒアルロン酸を増やすことによってキレイな肌作りになります。
ビタミンAは過剰症が懸念されていますし、トレチノインも刺激が強い成分なのでパッチテストを行い、慎重に使いましょう。

シミ取りクリームの人気ランキング