シミができる仕組みについて

シミができる仕組みについて

 

ある年齢を過ぎたあたりから急にできてくるシミ。女性にとってシミは気なる存在になりますよね。
なぜなシミができるのでしょうか?そんなシミができる仕組みについて説明します。

 

シミの原因になるメラニンについて

美容に関心のある女性の方なら『メラニン』という言葉は聞いたことがあると思いますが、このメラニンがシミの発生に深く関係しています。

 

メラニンの役目

太陽から降り注ぐ紫外線は有害物質であることでも知られていますよね。その紫外線が皮膚に直射されると、その皮膚細胞の核にあるDNAが壊されたり、変質して最悪皮膚がんなどの病気を引き起こします。
これを防ぐために、皮膚の末端にある細胞のメラノサイトがメラニン色素を産出します。これが防護壁のように体の表面の皮膚を覆い、紫外線をバリア。紫外線の影響を最小限にしています。

 

シミになる仕組み

この紫外線の影響で産出されたメラニン色素は通常は肌のターンオーバーによって角質とともに垢となって除去されます。

 

しかし、紫外線の影響が大きくなり、角化細胞が異常を起こすとメラニン色素を産出し続ける指令を続け、大量にメラニンを作成してしまいます。大量につくられたメラニンはターンオーバーによる除去が行われても全部除去しきれずに残こり、これがシミになっていくのです。

 

ただ、これだけがシミの原因ではなく、遺伝やストレス、ホルモンバランスの乱れや食生活の乱れなど、内面的な要因によってもシミが発生する場合もあります。紫外線対策だけでなく、普段からの生活習慣の改善もシミ対策には重要になるのです。